どんなインプラントも当然虫歯にはなりませんが歯周病には注意

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。
インプラントの手法は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。
一般的な歯のインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と人工の歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラントの手法はほとんど全部が自費です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医が歯のインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。
高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラントの手法の現状です。
高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。
それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、歯のインプラント治療の開始は実現できるようになりました。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラントの手法は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、歯のインプラントの手法では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、歯のインプラントが良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、歯のインプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで歯のインプラントの手法ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
他の生活習慣と比べても、喫煙が歯のインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。
インプラントの手法が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
周辺組織の回復をすすめ、歯のインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通の歯のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラントの手法の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
人工の歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので歯のインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。
歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一本の歯のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで人工の歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、歯のインプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
そのようなケースでは、一刻も早く、歯のインプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
歯のインプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのが歯のインプラントの特長ということになります。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラントの手法を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ず歯のインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
歯科治療の一環として、インプラントの手法も失敗をゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの歯のインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。
インプラントの手法では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。