コロナ渦で変わったコーヒーの楽しみ方

“私は元々コーヒーが好きです。疲れた時や長時間の運転には濃いブラックコーヒーを一気飲みします。甘い洋菓子を食べる際には温かいインスタントコーヒーを飲むことが多かったです。これらはコーヒーを楽しんでいたのでは無く、あくまでコーヒーはおまけ。気分の切り替えや口の中をさっぱりするといった刺激物として気軽に買えると言う認識が私にっとてのコーヒーでした。
コロナが広がり、遠出や外食する機会がめっきり減ってしまいました。自宅で何か始めたいと思い、友人が結婚式で披露していたドリップコーヒーに興味を持ったのです。元々コーヒーの味を気にしたことが無く、ある程度飲みやすくて濃ければ良いと思っていたのですが、とりあえずコーヒーを家で淹れてみようと試みました。
豆を近くのスーパーで買い、100均一で道具を買い、いざドリップしたのですがこれがもう飲めたものではなかったです。それが悔しくてそこから色々調べて美味しく淹れるには何が必要か勉強しました。
今となっては毎晩食事後にドリップコーヒーを淹れて、味や香りを楽しみ、淹れている時間にゆったり浸ることが欠かせなくなってしまいました。