スーツの良さは質で決まる

スーツの片方が俺の横に座って両手を優しく押さえてきた別の片方がペンライトを指差すと光を俺の女の方へあ出てきた俺はその
まま光を見ているとペンライトのスーツに瞼を広げられ反応を観察された結局病名あった後今度は口内花耳にも光を当てられた新
札みたいなのが終わって隣のスーツが手を離してくれたんで今度は何か話しかけられたスーツの人が何か言うと長く明らかに俺に質問をしていたでも俺は言葉が分からないから黙っていた質問ごとに紙にチェックをしていたどうしていいか
分からず首をかしげていたが文字なら伝わるかもと思って携帯電話を出したで携帯電話の新規メール作成で言葉が分かりませんとって迎えに座っているスーツの人に見せた