ミリオンバンブーが枯れる原因

幸せを運んでくれる植物として人気があり、風水的にも良いとされる「ミリオンバンブー」。
「開運竹」「万年竹」「富貴竹」などの呼ばれ方をしますが、実際は竹の仲間ではなく木で、本名は「リュウゼツラン科ドラセナ属サンデリアーナ」です。
丈夫で生命力が強く比較的育てやすいと言われているミリオンバンブーですが、しっかり手入れをしているつもりなのに、冬になると枯らしてしまう人も少なくありません。
では、枯らさずに冬を越すにはどうすれば良いのでしょうか。
冬に枯れる原因は、ほとんどが寒さによるものです。
ミリオンバンブーは、本来は熱帯性の植物で暑さには強いですが、寒さには弱い性質があり気温が15℃を切ると生育が鈍ってきます。
冬は5℃くらいの気温まで耐えられますが、葉が黄色く枯れてしまう可能性があるので、できれば真冬でも10℃以上の暖かい室内を保ち、特に夜の気温には注意して下さい。
また、ミリオンバンブーを水に挿して育てている場合、冬は水温がいったん下がると上がりにくいので、元気なうちに土に植え替えておくと寒さに対して強くなり、冬の管理も楽になります。
そして、冬は生育が鈍り水をさほど必要としなくなるので、土の表面が乾いてから数日してから水を与えます。
10℃以上の気温が保てる場合は少し回数を多めに水を与えますが、冬は基本的に乾かし気味の管理で良いのです。
必要以上に水を与え鉢の受け皿に水が溜まっていると、ミリオンバンブーが根腐れを起こす可能性があるので注意して下さい。
せっかく、幸せを運んでくれるミリオンバンブーを育てているのに、もしも枯らしてしまうと何だか縁起が悪い気がしますよね。
くれぐれも枯らさないよう、温度や水に注意して冬を乗り切って下さい。