一人暮らしで寂しさを感じるなら、観葉植物を置いてみて。

一人暮らしを始めて、何だか心細いと感じるなら、観葉植物を部屋に置いてみると良いかもしれません。一人ぼっちで殺風景な部屋でも、緑を飾ることで明るい雰囲気になります。植物も生きていますので、日々変化していきます。代わり映えのない部屋にも変化を感じられるようになるのです。水をあげたり、肥料をあげたり、日に当てたり、と気にかける存在ができることで心がちょっと落ち着きます。そして、その生命力に励まされたりもします。葉っぱが増えたり、枝が伸びたり、花が咲いたり。植物を通じて、気候の変化や季節の移り変わりに気付かされます。単純に緑色に癒やしの効果があるのもそうなんですが、生きている存在が部屋にいることで感情が穏やかになれると思います。