不気味な焚火

私は男に挨拶を無視された苛立ちのまま男に声をかけたあのここは火を見ているんです男が私の言葉にかぶせるようにしていった火を見ているんですこうしていると落ち着くんです。
あなたもどうですか男は火を中心に反対側に回り込みながら私の事を誘ったひわね人の人生を映し出すんですよこんな風にそう言って男はその辺に落ちていた布の切れ端のようなものを焚き火に投げ入れた日がボード少しだけ勢いをました次の瞬間私の膝くらいまでのその日がなんとその姿を飼い始めた。
思わず声を上げた私を見て男がふふっと笑う行きは小さな人間のような形になってその場で足踏みをするように歩き始めたすごいそうでしょそんなところに立っていないでどうぞ座ってください。