幼児期の英語教育は楽しみながらできる

自分達が子供の頃とは違い小学生から必修科目として英語が入るとの事で、いきなり英語が始まり分からなかったりついていけないという状況が重なると、嫌いになるのではという考えがります。
これを避ける為に早期英語教育をする事に賛成です。英語が嫌いで分からないという状況をなるべく避けるには、幼い頃から英語の歌やダンスで楽しみながら耳を慣らしておく事、また、英語が身近にあって当たり前の環境作りをする事が大事だと考えます。
これらを行うだけでも、勉強しなくてはならないものという認識になっていたかもしれないものが、当たり前にある楽しいものという認識に変わり、それだけで気持ちの面でも学習の面でも大きな違いが出ると考えているからです。
メリットとしてまず挙げるのは、英語の音が聞き分けられる耳が育つようになる事や、小さい頃から英語に親しむ為、自然と言葉が出てくるようになり海外の人ともコミュニケーションがとれる所です。
日本語と同じように、身近に当たり前にあり当たり前に使う言語として認識する様になる為、授業でも分からないから嫌いという状況が無くなるのかと考えています。
デメリットを挙げるとしますと、英語の塾に通うにしても通信英語教材を取り寄せるにしてもそれなりにお金がかかるという点です。
何処で英語を習うかによっても変わってきますが15~100万は必要になります。家計が苦しいご家庭の場合は金銭的に負担になる金額になってくるので、それなりの財源は欲しい所です。
セブンプラスバイリンガル 返品