日記の書き方を丁寧に教えると

日記とある小学校のクラスでは宿題として毎日の日記が決められていた。
前日のうちに書かれた日記を提出しそれを毎日共有がチェックするある日とある教授は一人の女子生徒の日記がおかしいことに気づく初めはふざけているのかと思っていた。
共有だったが数日のうちにお菓子その理由に気付いたその女子生徒の日記には次の日学校教諭が日記をチェックする日の出来事が書かれていた女子生徒の日記は1日ずれていたのだ醤油は驚くと同時にこれを金儲けに利用できないかと考えた株先物為替しかしどれもが小学生が日記に書くようなことではないしそれを書くように仕向けることもできそうになかった。
教諭があれこれ考えを巡らす間にも女子生徒の日記には翌日のテレビ番組のたわいない感想や翌日の友達との会話が書かれていくそんな金にもならない未来の日記に共有は歯がゆい思いをしながら目を通していた